頑固な乾燥肌にはブースターオイルがおススメ

お肌がカサカサと乾燥して困っている方は多いのではないでしょうか。肌が乾燥していると、化粧ノリが悪くなり、ファンデーションが浮いてしまったり、バリア機能が低下しているため、肌が弱い人は荒れてしまったり。最近のはやりである「ツヤ感」なんて夢のまた夢…。

そんな方にお勧めしたいのが「オイル」をブースターとして化粧水前に使用することです。オイルと聞くと、水分が逃げていかないように、スキンケアの最後に使用するイメージがありませんか?もちろん、肌に入れた水分に蓋をするという使い方も間違いではなく、効果があります。しかし、乾燥肌の人は、そもそもの化粧水の入りが悪く、うまく水分を肌に取り込めていないことが原因の方もいます。そこで、オイルを化粧水前に肌に塗ることで、そのあとに使うスキンケアの浸透度がグンとアップし、乾燥が改善されるのです。

使うオイルは、ホホバオイルやスクワランオイル、アルガンオイルなど、肌に良いと言われているものであればなんでもOKです。使い方は、お風呂から上がったらすぐに1-2滴程度のオイルを手のひらに出し、優しく顔の肌になじませます。そのあと、いつも通りの化粧水や乳液、クリームなどでスキンケアをしてください。

「オイルを塗ってしまうと、化粧水が肌に入っていかないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、オイルをしっかりと肌になじませれば、そのあとの化粧水がぐんぐん入っていくのを実感できるはずです。ポイントは、オイルをしっかりとなじませること。オイルを塗ったあとに手のひらで優しく押さえ、少しおいてから化粧水を使ってみてくださいね。

どんなクリームや保湿剤を塗っても乾燥が改善されない方、ぜひブースターとしてオイルを使ってみてくださいね。