ニキビケア、どれが正解?

小学校高学年あたりから、かなりおでこのニキビがひどく悩んでいました。http://dataplatform.jp/

皮膚科って結構早い時間帯に診察終了してしまいますよね。当時は部活動をしていたため、皮膚科に行く時間もなく…。

また、なんとなく皮膚科に使うお金がもったいないと感じてしまって…。

と、こんな感じでニキビケアは自力で始めることにしました!

まずは、アクネケアと謳われている洗顔・化粧水を使い始めました。思い出すと、独特な匂いがあまり好きではなかったなあ…。

結局頑固なニキビは治らず。次に手を出したのが母親の美容液です。今思えばニキビケアというよりも

培養していてびっくりです(笑)

当たり前に効果が出るはずなく、次に手を出したのが潰すという行為!

もう潰してやればなくなるでしょ、と手っ取り早く目に見えなくしようとしたのです。

芯のあるニキビから赤い小さなニキビまで、様々なニキビを爪で押して潰していきました。

これが1番いけない行為でしたね…。

もちろんお肌がボコボコになるわ、赤いニキビ痕はできるわで最悪でした。いまでもかなり痕が残っています。

結局頑固なニキビは撲滅できずでした。ニキビに速攻で効く薬はないと学びました…。

その後は長期戦、と思い食生活や睡眠、サプリメントで栄養を補い生活をしていました。

そんな生活をしていくうちに、食生活などでもある程度治るけれど、結局私のニキビはホルモンバランスの乱れが原因なんだと気付きました。

ニキビがよくできるのは生理前、ニキビができ始めたのも生理が始まってからでした。

やみくもにケアをするのではなく、自分のニキビの原因を突き詰めてケアすることが重要なんだと気付かされました。