しつこいニキビの原因と予防策

仕事などの影響でストレスや生活リズムが整わず不健康な生活を送ってしまい、ニキビに悩んでいる方が多くいます。ニキビができると治るまで時間がかかってしまい、人前で出る時もニキビに注目されるのではないかと気を使ってしまいます。そんなニキビが作らないための原因と予防策をご紹介します。

http://gera.main.jp/

1.しっかり睡眠を取る

まずニキビができる原因として睡眠不足が原因の一つとして考えられています。睡眠が不足すると皮膚のターンオーバーを乱してしまって、正常に皮膚が生まれ変わらなくなりニキビができやすくなります。また質の良い睡眠によってストレスも緩和させるので、生活リズムを整えて規則正しい生活で良質な睡眠を取ることでストレスによる原因も睡眠である程度対処できるはずです。

2.保湿をしない

洗顔料で顔を洗った後に保湿をしないのもニキビの原因の一つです。洗顔料は表面の汚れや菌などを除去してくれますが、実は皮脂も同時に洗い流しています。この皮脂は肌の水分の蒸発を抑える役割をしており大事なものですが、洗った直後はすべて洗い流すので守るものがありません。そして乾燥した肌を守ろうと過剰な皮脂の分泌を促すことになります。洗顔後は必ず化粧水と乳液などの油分が入ってるもので保湿しましょう。日焼け止めもお忘れなく。

3.もしできてしまっても触らないで

もしニキビができてしまっても潰してしまうのはもちろんのこと、むやみに触るのをやめましょう。手には様々な雑菌がついており、逆にニキビを悪化させてしまう可能性もあります。気になるのはわかりますが、できてしまったものは仕方がなく触っていても治るわけではないので、しっかりとニキビを治療をしていきましょう。

簡単に3つほど原因と予防策をご紹介しました。

ニキビが出てしまって困っている方に参考になれば幸いです。