バストが小さいのは事実でも、悩むのは時間の無駄かもしれない?

バストがもっと大きければ、バラ色の人生になるのかしら?
幾度となく、そんなことを考えたことはあります。
バラ色は大げさかもしれませんが、もちょっと人生がラクになったような気がしてなりません。

ヴィアージュビューティーアップナイトブラを続けた効果!

同時に思うことは、バストが大きかったら、要らない異性がもっと寄ってきて面倒なことになったのかも、と。
残念ながら、必要な男性だけが寄ってきてくれるワケではないのが世の常です。

バストが大きくないからこそ、努力をしたことがあります。
ベッドの上でのテクニックや、色気を全面に押し出さない方向性でのファッションなど。
負い目があるからこそ頑張れる、そんなことだってあるのです。

バストが大きい女性を好む男性が多いのは、事実です。
ただしバストが最優先事項な男性ばかりでもありません。
持ち合わせてないものを嘆くよりも、手持ちの魅力を伸ばすべきではないでしょうか。
どうしてもバストが気になるのならば、豊胸手術という手段で、さっさと解決すべきかもしれません。
ただし、豊胸手術には身体的なダメージがあるのも事実です。

誰にも負けないこと、とまでは言えなくても。他の女性にはない魅力があれば、バストサイズを気にしない男性が寄ってきます。
バスト以外にも目を向けて、自分磨きをしてみてはいかがでしょう。