毎回、CDを買うのは大変

私は、よくレンタルのCD屋さんを利用することがあります。有名なところでは、ツタヤさんでしょうか。今は、前ほど行く回数は減りましたが、私も好きなアーティストや気になるバンドの曲などが見つかると、ずーっと気になる方で眠れないときも、ときたまあります。買いに行こうか?だけど、そんなに持ち合わせてないし、どうしようか。それならば、いっそCDを借りようかということになります。

ドクタースティック

レンタル屋さんに入ると面白いもので、その入ったときの雰囲気や匂いからして、私はツラレモードに入ってしまい、最初に気にしていたCD以外にも、だんだん気になってきてしまうということになり、結果的にどうなったか?といえば気にしていたアーティストやバンドのCDも借りたけど、余計なものも借りてきてしまったということになります。最初にこれとこれを借りようと決めていたじゃないか。そう思って、あとで少し後悔するのです。

いつも、だいたいそうなんです。レンタル料金が一般に売られているものより圧倒的に安いのもあって、結果として、たくさんCDをレンタルしてしまうのです。

事前に買っておいたCD‐Rにコピーをするときもよせばいいのに借りてきたもの全部をコピーして、結果、時間と枚数が取られてしまったということになってしまうんです。

そうまでしてレンタルしたCDはもちろん、お店に返却しますが、コピーしたほうはというと、ちゃんと聴いているのか?というと、聴くものと聴かないものに分かれてしまう、ということもあって、無駄なものが出てきてしまいがちです。これからは誘惑にツラレないように、最初に決めたもの、お店に行ったときにどうしても聴きたくなったものに限定して借りるようにしないといけないなぁと思った、今日この頃でした。